1. TOPページ
  2. 人を知る
  3. 新入社員インタビュー S.Y.

Our People人を知るInterview 新入社員インタビュー

Interview 新入社員インタビュー

まずは、
作業手順を覚えること

美濃工場 生産第二部
S.Y. / 2016年入社

Interview 新入社員インタビュー 写真

フェザーに入社を決めた理由は?

私は小さいころからモノ作りに興味があり、将来はその道の仕事に就きたいと思っていました。
そこで地元企業であるフェザーを調べ、理容、美容刃物や医療用刃物等、実際に人の肌に触れる精密な刃物を、日本、世界各国へ販売している事に興味を持ち、私もその刃物作りをしたいと思い入社しました。

インタビュー写真1

入社後のフェザー
(会社や職場、社員)の印象は?

工場の中は、整理整頓が行き届いており、安全な環境で仕事が出来ています。
社員は親しみやすい方が多く、入社してから仕事、社会人としての自覚等、多くの事を教えて頂きました。
また、当社には多くの社内クラブがあり、社内及び他の事業所の方とも関わりを持てます。私はフットサルクラブに所属していますが、気さくな方が多く何時も楽しく活動を行っています。

インタビュー写真2

今、どんな仕事(担当)を
していますか?

専用の替刃をホルダーに取り付け、病理検査に用いる細胞を薄切するトラストームの組立、調整、修理を主に担当しています。専用の替刃の中でも、私の担当している超硬ミクロトーム替刃は、研削盤を使用し超硬の板材に1ミクロン単位の精密な刃付けを行う作業です。
重要な仕事だと自負しています。(難しいけどやりがいがあります)

インタビュー写真3

今後、仕事でチャレンジしたいことは?

トラストームやミクロトームホルダーは精密機器である為、組立、調整、修理は全て手作業で行っています。
その為、作業の手順を熟知しなければ、機械の不具合に繋がります。
まずは、作業手順を覚えることを目標にしたい。
また、自分の指先の感覚で作業する事が多いので、より良い製品を作る為指先の感覚を養いたいと思います。

インタビュー写真4
Other Interviewその他の新入社員インタビュー

人を知るトップへ

ページトップ